2018年01月11日

MYRTE的絵本のススメ 24

こんにちは。
絵本紹介のコーナーです。
前回はクリスマスにちなんだ絵本だったので、早めに更新しなくちゃ! と焦りつつの投稿となります(笑)



今回の「MYRTE的絵本のススメ」は

「100円たんけん」

です。

どちらかというと、小学校でいうところの「生活」の授業で取り扱いそうな内容でしょうか。
100円で買えるものってなんだろう? 
ということを調べながら商店街を探検するお話です。
この冬休みの前後は、子どもたちもクリスマスプレゼントをもらったり、お年玉をもらったりと、ちょっぴり「お金」を意識する時期だと思います。
(主婦の皆さんも、家計簿を始める方が多いそうですね。私はいつも挫折しますが。。。)
そんな時、この絵本を読みながら、お金の役割や物の価値をいっしょに学べたら、お小遣いの使い方も変わってくるかも?!
お金の勉強、という側面だけでなく、お話としてもとても楽しいので、おススメですよー。



以下、お店に紹介した文章です。



100円で何が買える?

350_Ehon_113730.jpg


お正月と言えばお年玉!
子どもたちにとっては、いつもより「お金」をちょっぴり意識する時期だと思います。
そんな時はこの絵本でお金の役割や物の価値を一緒に学んでみませんか?
100円で何が買えるのか? お肉ならどれくらい? 野菜なら? パンなら?
最近では商店街も身近にないので、実際には体験できない「探検」を疑似体験できるのも良いなぁと思います。
(実際にある商店街を取材したとのことです)
お話としてもとっても楽しいので、ぜひ親子で読んでみてください。

お小遣いのやりくり上手になれるかも?


詳細はこちらから



いかがでしたか?
また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ

タグ:絵本の紹介
posted by MYRTE at 13:33| Comment(0) | 絵本

2017年12月01日

MYRTE的絵本のススメ 23

こんにちは。
前回の紹介からすっかり時間が経ってしまいました!
今回は12月ということで、クリスマスにちなんだ絵本とクリスマスのプレゼントにおススメの絵本の二冊をご紹介します。



今回のMYRTE的絵本のススメ、一冊目は

「まどから おくりもの」

です。

五味太郎さんの、楽しい仕掛け絵本です。
プレゼントを配って回るサンタさん。
家々の窓を覗いて、ちらりと見えたそれぞれの子にちなんだプレゼントを置いていきます。
けれど、あれあれ、実は窓から見ただけではわからなかったけれど、実は部屋の中はこうなっていて…。
サンタさんの勘違いが、ページをめくるとわかるしかけが面白いですよー!



二冊目は

「もうぬげない」

です。

果てしなく続く妄想ワールド!
ヨシタケシンスケさんの絵本は、この自由で奇想天外な発想がいつも楽しいです。
このお話もその一つ。
大人が読んでも、もう、この年頃のチビ助ときたら! とあきれながらも笑っちゃうこと必至です。
ちょっとネタバレですが、私個人的には、最後の方にあきれて問答無用に男の子を担いでいくお母さんの表情がとっても好きです。
(自分を見ているようで(笑))



以下、お店に紹介した文章です。



クリスマスの贈り物にいかがですか?

350_Ehon_26.jpg

350_Ehon_109976.jpg


今回は、12月ということで、クリスマスにちなんだ絵本とクリスマスのプレゼントにおススメの絵本、二冊をご紹介します。

「まどから おくりもの」
一冊目は、五味太郎さんの仕掛け絵本です。
サンタさんは、窓から見てそれぞれに合わせたプレゼントを置いていくけれど、あれあれ…?
サンタさんの勘違いがちょっとした騒動を巻き起こす、楽しいお話です。

「もうぬげない」
二冊目は、昨年の絵本屋さん大賞にも選ばれた、妄想が止まらない思わず笑っちゃう絵本。
お着換え練習真っ最中のお子さんとお母さんは、思わず「あるある」と言いたくなるかも。
オチも最高です(笑)


詳細はこちら
こちらから


いかがでしたか?
また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ
posted by MYRTE at 12:17| Comment(0) | 絵本

2017年09月01日

MYRTE的絵本のススメ 22

こんにちは。
先日終わりを告げた、我が家のおチビさんの夏休み。
ネタ満載なので、これから小出しにしようかと考えています(笑)
さてそのネタの一つ、夏休み中に持ち帰って来た朝顔が幾つ咲くか数えましょう、というのがありまして、おチビさんと毎日数えていました。

で、ここで問題。朝顔は幾つ咲いたでしょう?

って、あおるほどじゃないんですが(笑)、正解は、ちょうど100個、でした!
私、今まで朝顔ってなんとなく咲いているなーくらいにしか見ていなくて、ちょっとびっくりでした。
けっこう咲いてくれるんですねー。
9月になった今日も、ちょっぴり小さめの花が咲いていました。
朝顔すごい!





さてさて。
そろそろ季節も変わりますので、絵本も次の紹介をしたいと思います。
今回のMYRTE的絵本のススメは、

「どんぐりと山猫」

です。

秋と言えば木の実やどんぐりかなぁ、と思い浮かんだのが宮沢賢治さんのこのお話。
文学作品って小さなお子さんにはまだちょっととっかかりにくいところがありますが、絵本なら読みやすいかもしれません。
特にこのお話は、ちょっぴり皮肉っぽいところもありながら、ユーモラスで楽しく読めると思います。
このお話の絵本は数多く絵本になっていますが、今回は田島 征三さんによる絵本がお話の雰囲気にあっているかなぁ、と選択してみました。
ちょっと、いえ、かなりダイナミックな絵なので、ひょっとしたら怖がるお子さんもいるかも(笑)
いもとようこ さんによる絵本などもありますので、お好みで読んであげるのも良いかと思います。





以下、お店に紹介した文章です。



どのドングリがえらいの?

350_Ehon_13804.jpg


少しづつ秋が近付いてきます。
秋と言えば、木の実やどんぐり。ということで、こちらの作品をご紹介。
宮沢賢治さんのこの作品は、数多くの絵本になっていますが、作品の雰囲気に合っているかなぁということでこちらの絵本にしてみました。
表紙からもわかるように、かなりダイナミックな絵です。
ちょっと不気味な感じもぴったりかと思います。
小さな頃に文学作品に触れさせてあげたいなぁと思っても、小さなお子さんにはちょっと難しいかもしれません。
その点絵本なら、入りやすいかもしれません。
ちょっぴり長いお話なので、少し年長のお子さん向け。読み聞かせなどにもおススメです。


詳細はこちらから


いかがでしたか?
また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ
posted by MYRTE at 12:17| Comment(0) | 絵本