2017年04月26日

MYRTE的絵本のススメ 19

こんにちは。
この時期は野菜も春色ということで、春野菜がスーパーなどに並んで嬉しくなります。
新玉ねぎやタケノコ。春キャベツとか柔らかくておいしいですよねー。
で、思い出したのがこちらの絵本。
ネタばらしになってしまいますが、このお話はタケノコが主役です(笑)
(タケノコにちなんで、五月は子供の日もありますし、タケノコのようにすくすくと子供が育つイメージもちょっぴり込めて選んでみました)
それはともかく、どういうことかな?と思ったら、ぜひ読んでみてくださいね。



さてさて。
というわけで、今回19回目のMYRTE的絵本のススメは、

「もぐらバス」

です。

私たちが暮らす地面の下には、なんとモグラが経営するバスが走っている!
そんなユニークな設定で、ストーリーはゆるーくほのぼのと進んでいきます。
そして、地下ならではで起こるハプニング!
しかしここでも、乗客たちは怒ったりしません。
「タケノコなら仕方ない」
とのんびり事態が収拾するまで待つのです(このおおらかさがステキですよねー)。
実はこのお話、教育テレビの人気番組「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビなんです。
(わがやのおチビさんは一時期はまっていました。なんとなく理系脳になってくれそうな気がする、という小さな希望でもって一緒に観ていたりしました(笑))
あぁ、なるほどー、だからこのゆるくて不思議な感じなんだ、とわかる方にはわかるかも。
細かいところにも楽しさがいっぱいの、子どもも大人も楽しい絵本です。



以下、お店に書いた紹介文です。




タケノコならしかたがない

350_Ehon_35416.jpg


地面の下にはモグラ建設会社が作ったトンネルがあってバスが走っている!
そんなユニークな設定のもと、お話は楽しく進んでいきます。
地下ならではのハプニングにも乗客はおおらかに、「タケノコならしかたない」とのんびり待ち続けるほのぼのさもステキです。
教育テレビの人気番組「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビによる、ちょっと不思議なゆるいノリがじわじわと楽しくなるお話。
タケノコ、食べたくなりますよー!






詳細はこちらから


いかがでしたか?
では、また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ
posted by MYRTE at 12:01| Comment(0) | 絵本

2017年03月09日

MYRTE的絵本のススメ 18

こんにちは。
三月は卒園・卒業シーズン。
進級や進学、新しい生活に向けて準備をされている方も多いと思います。
(我が家もそうなんですが、まだ実は全く…(笑)。うん、明日からやる気出すぞ!)
そんな時、アルバムや思い出の品々というのは大敵で、ついつい手が止まって見入ってしまうものですよね。
本当は、それでは準備もお片付けも進まないのでいけないんですが、まぁちょっと、気分転換に!
自分やお子さんの歩んだ記録を眺めながら、成長したことを実感してみてはいかがでしょうか。




さてさて。
というわけで、そんな「成長」を考えさせてくれる絵本を。
今回12回目のMYRTE的絵本のススメは、

「おおきくなるっていうことは」

です。
実はこのお話、以前紹介した、「クリスマス・オールスター」の 中川 ひろたか さんの作品です。
「ピーマン村の絵本」というシリーズの一作でもあります。
この節目の季節にぴったりだなぁ、ということで選んでみました。




以下、お店に書いた紹介文です。




おおきくなるって、どんなこと?

350_Ehon_445.jpg


「おおきくなったね」と一言でいうけれど、それは見た目の変化だけではありません。
できなかったことができるようになる、などの心の成長も、周囲の大人は日々感じ、「おおきくなった」と実感するのです。
この絵本では、子どもたちが身近に体験する具体例から、大きくなることを答えていきます。
シンプルだからこそ、心にスッと染み込む子どもたちの様々な成長の形。
子どもには「そっか、これがおおきくなることか〜」と思わせ、まだ出来ないていないことには「こういうことをできるようになったらおおきくなれるのかな〜」と思わせてくれるでしょう。
また、大人は、今まで子どもが歩んできた成長とこれからの成長に思いをはせることと思います。
これから卒園・卒業、進学するお子さんに、またはお誕生日などに。もちろん何気ない日常でも。
この絵本を読みながら、お子さんとゆっくりと、大きくなる喜びを感じてくださいね。






詳細はこちらから


いかがでしたか?
では、また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ
posted by MYRTE at 11:40| Comment(0) | 絵本

2017年02月07日

MYRTE的絵本のススメ 17

不定期に更新中の絵本紹介ですー。
今回は、そろそろヴァレンタイン・ディ、ということで、それにちなんだ(?)お話を探してみました。




先日、テレビを見ていましたら、ヴァレンタインにに手作りチョコを作る女性のパーセンテージの以外に多いことに驚きました。
20〜30代女性で30%くらい、だった気がします(すみません、ちゃんと覚えていなくて;)。
この数字が多いととるか少ないととるかはそれぞれだとは思いますが、私自身は作るだとかそんなことをちっとも考えていなかったので(笑)
世の中の女子の皆さんは、贈り物選びやスイーツ作りにマメに頑張っているんだなぁ、と感心したりしました。
(なんだかお年寄り目線みたいですみません(笑))

というわけで、この時期はスイーツを作ったり身近に感じることが多いですよね、ということで以下の絵本。
(ホワイトデーまでこれでいけるかなぁ、等、考えてるとかは言いません!)



今回17回目のMYRTE的絵本のススメは、

「しろくまちゃんのほっとけーき」

をご紹介します。
読み聞かせ絵本として人気も高く、ご存知の方も多いと思います。
しろくまちゃんたちの可愛さもさることながら、ホットケーキができるまでの様子が本当に細かく描かれていて、思わずお腹が鳴りそうになります。
なんだか、いい匂いが絵本からしてきそうな…!
この絵本を読んだら、おやつにお子さんと一緒にホットケーキを作ってみるというのも良いですね。
あ、それをパパへのヴァレンタインチョコがわりにしちゃうとか!
(そういう一石二鳥とか考えてるあたりが、「マメ女子」から遠ざかるんだろうなぁ(笑))
シンプルなイラストと色使いですが、デザイン的にも優れたステキな絵本です。

以下、お店に書いた紹介文です。




スイーツな絵本

350_Ehon_31.jpg


ヴァレンタインやホワイトデーが近づくと、街にはステキなスイーツが並ぶようになります。
もちろん、手作りされる方も多いと思います。
というわけで、今回はそれにちなんだ絵本をご紹介。
可愛らしいしろくまちゃんが、ホットケーキを作る様子はとっても楽しく、お腹もすいてきちゃいそうです。
シンプルなイラストですが、色遣いがとってもステキです。
お子さんとこの絵本を読んだら、今度は実際にホットケーキを作るのも楽しいですね






詳細はこちらから


いかがでしたか?
では、また次回もご覧くださいねー!





以上、ブログ担当スタッフ、にょろでした。

MYRTE
静岡県藤枝市駅前3−14−4 (喜多町名店街 内)
電話1(プッシュホン)054‐647‐7140

Facebook
ホームページ
posted by MYRTE at 10:14| Comment(0) | 絵本